宮崎県都城市 メディカルシティ東部病院

メディカルシティ東部病院


メディカルシティ東部病院


TOP > 診療科案内> 消化器内科

消化器内科

■診療日・担当医

平成29年6月

 
午前     翁長     当番制
午後 翁長 翁長   翁長 翁長  

※ご紹介患者さまにつきましては上記の限りではありません。
※当日変更になる場合があります。初診の方は、お電話にてご確認の上、ご来院ください。

当院消化器内科を2007年5月に立ち上げました。

メディカルシティ東部病院 消化器内科
説明中の様子

2010年4月に新病院ができるまでの実績をお話します。入院患者さんの数は年間約250人で病気の内訳は、胃の病気は約30%で潰瘍からの出血に対する止血、胃癌の手術前の方や内視鏡で取り除く胃癌の方などです。

大腸の病気は約30%で、その内訳は大腸癌の手術前の方や、胃と同じように内視鏡で取り除く方などです。そのほかの病気は虚血性腸炎、急性腸炎、急性膵炎等があります。また肝臓病が10%で、内訳は静脈瘤に対する内視鏡治療、肝性昏睡の治療・腹水コントロール等を行っています。

検査部門では上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)が約2500件(内治療例は18%)、大腸内視鏡(大腸カメラ)が880件(内治療例は20%) でした。

当院の特徴は上記の如く治療内視鏡が多いことです。

図:2007年~2009年の内視鏡件数の推移メディカルシティ東部病院 2007年から2009年の内視鏡件数の推移

  • 内視鏡検査数は年々増加している
  • 治療内視鏡の割合が増加している

メディカルシティ東部病院 内視鏡室受付
内視鏡室受付
メディカルシティ東部病院 内視鏡中
内視鏡中
メディカルシティ東部病院 リカバリールーム
リカバリールーム

ご紹介いただいた胃や大腸のポリープ、癌の方を外科、放射線科ドクターと十分に検討行い、治療法に関しても患者さんとの間の十分なインフォームドコンセントの元に、ガイドラインに基づき患者さんに最も適した治療法を選択します。

私の専門は上部消化管、下部消化管の内視鏡診断および治療です。当院では苦痛のない内視鏡検査を心がけており、ご希望に応じて麻酔薬の静脈注射を用いて寝ている間に検査が終わります。

今後も専門性を活かし、患者様の希望に沿う形で、短期入院での大腸ポリープ切除などを積極的に行っていく予定であります。拡大内視鏡、特殊光観察内視鏡、経鼻胃内視鏡など、最新の内視鏡システムを導入しております。

一方、最新の電子ファイリングシステムを組み、スタッフと一丸となり患者様にわかりやすい説明を心掛けております。今後は健診ドックを設け、苦痛のない胃カメラ、大腸カメラ検査をさらに広げていく予定です。

当院では注射による麻酔を用いて、胃カメラ、大腸カメラ検査を寝ている間に検査することができます。ただし、検査終了後は終日、車、バイク、自転車の運転はできません。送ってもらったり、公共交通機関、運転代行を利用していただきます。

消化器センター長 翁長 正明

外来診療のご案内

当科では上記の内視鏡検査の他に、胸やけ外来、ピロリ菌外来、自費診療によるピロリ菌3次除菌を木曜日・金曜日の午後2時から4時に行います(急患対応中、緊急の胃・大腸カメラ中はお待たせすることもございます)。

胸やけ外来

胸やけやそれに関連するような症状の方の検査・治療を行っていきます。

胸やけの原因で最も多いのは逆流性食道炎です。逆流性食道炎とは、胃と食道の間の弁が開いたままの状態になり、胃酸が逆流することで様々な症状がみられます。一見食道と関係ないような症状もみられます(のどがつまったような感じ、のどの奥の違和感、から咳、すっぱいものが上がってくる感じなど)。原因としては、食道自体に炎症がある逆流性食道炎と、炎症はないけれど同じような症状が起きる逆流症があります。

検査としては、血液検査、腹部エコー検査、内視鏡検査など詳しい検査をして病変があるかどうかを確認します。また、まず胃酸をコントロールする薬をお出しして、食事を含む生活面の指導を行い、様子をみることもあります。逆流症の場合は2週間ほどで症状が改善されますが、軽快しないときは、逆流性食道炎やその他の病気を疑い、内視鏡などさらに詳しい検査をして、病変があるかどうかを確認することになります。逆流性食道炎は、投薬を止めたとたんに、再発するので、経過を見ながら長期的に治療しなければなりません。

ピロリ菌外来

ヘリコバクター・ピロリ菌感染による慢性胃炎の除菌治療について詳しくは、こちらをご覧ください。

自費診療によるピロリ菌3次除菌

ピロリ菌3次除菌について詳しくは、こちらをご覧ください。

尚、ご不明な点につきましては、消化器センターまで、お問い合せください。

新しい腸管洗浄剤「ピコプレップ」

大腸カメラの前に服用する新しい下剤を採用しました。詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

 

2017年1月5日 メディカルシティ東部病院 消化器内科


このページの先頭に戻る



コンテンツはここまで

医療法人 宏仁会 メディカルシティ東部病院

〒885-0035 宮崎県都城市立野町3633-1 [地図]

TEL:0986-22-2240 FAX:0986-25-8646

COPYRIGHT (C)2015 メディカルシティ 東部病院 ALL RIGHTS RESERVED.