メディカルシティ東部病院 消化器内科

『ポリープ切除の判断について』

一般の方から、『ポリープ切除の判断について』に関して質問がありました。
その質問と回答です。

■質問

病院によって切除する基準の違いがあると思います。貴院のインターネットでの紹介に、『大腸ポリープ切除の判断』が掲載されています。そこで下記項目の質問がございます。

  • (1) 10mmを超えるポリープ
  • (2) 癌を疑うポリープ

(1)(2)は入院し切除

  • (3) 6〜9mmの良性ポリープ(1個)は内視鏡検査時相談して切除、2個以上は経過観察、

とあります。

 

質問です。

  • Q-1(2)の『癌を疑うポリープ』とは、内視鏡での判断により、癌が疑われるものでしょうか。それとも、腺腫も含みますか。
  • Q-2(3)の良性ポリープは腺腫ですか。それとも過形成性ポリープも該当しますか。
  • Q-3(3)の2個以上は切除せず経過観察とありますが、その理由をお聞かせください。
  • Q-4(1)はポリープの種類に関係なく切除されますか。
■回答
Q-1(2)の『癌を疑うポリープ』とは、内視鏡判断により、癌が疑われるものでしょうか。それとも、腺腫も含みますか。

当院のホームページから消化器内科のページの最下段に消化器内科症例紹介『リンパ節に転移していた大腸ポリープの3例』があります。『小さくても癌を疑うポリープ』がスライド4枚目です。写真の中央部分のパターンが大部分内視鏡で切れる癌、周囲は腺腫のパターンです。

 

 

わずかでも癌が疑われるときは、特殊な染色をして、100倍の拡大観察をして判断します。時間がかかりますが、必要な検査方法と考えています。

Q-2(3)の良性ポリープは腺腫ですか。それとも過形成性ポリープも該当しますか。

腺腫です。過形成性ポリープは取りませんし、フォローもしません。

Q-3(3)の2個以上は切除せず経過観察とありますが、その理由をお聞かせください。

ポリープが多発する人は、1個の人と比較して、全て切除しても早いタイミングでポリープができてきます。

今年発表された『日本消化器内視鏡学会雑誌 63巻 (2021) 2号 大腸内視鏡検査後のサーベイランス間隔』はそのデータを元に作成されています。

2個までのポリープ、3-9個のポリープ、10個以上、ではポリープが再発する期間が違い、多いほど早く再発してきます。

 

 

たくさんポリープができるかたは1年後、3年後と経過観察して、大きくなるもの、形や色が変化するものを切除対象にしています。もちろん、①10mmを超える②小さくても癌を疑うに当てはまるものは切除対象です。

Q-4(1)はポリープの種類に関係なく切除されますか。

過形成性ポリープ以外はほぼ切除します。

 

 

以上が当院 消化器内科の方針です。病院選びの判断になれば幸いです。またこの方針は他の病院、クリニックには当てはまらない、とお考え下さい。

 

医療法人 宏仁会 メディカルシティ東部病院

〒885-0035 宮崎県都城市立野町3633-1 [地図]

TEL:0986-22-2240 FAX:0986-25-8646