宮崎県都城市 メディカルシティ東部病院

メディカルシティ東部病院


メディカルシティ東部病院


TOP > 診療科案内> 脳神経外科

脳神経外科

■診療日・担当医

平成30年7月

 
午前 中野(★)   中野 中野(★) 中野  
午後 中野   中野 中野 中野(★)  

※ご紹介患者さまにつきましては上記の限りではありません。
※当日変更になる場合があります。初診の方は、お電話にてご確認の上、ご来院ください。

(★)の診療時間帯につきましては手術等が入ることがあります。事前にご確認ください。

 

新任のご挨拶

脳脊髄センター 中野 真一

この度当院で勤務することになりました中野真一と申します。宮崎大学病院で15年、宮崎の潤和会記念病院で8年、霧島医療センターや金丸脳神経外科病院、野口脳神経外科なども含めて35年以上にわたり脳神経外科医として5,000件を超える手術を行ってきました。脳卒中や脳腫瘍の手術はもちろんのこと、脊椎・脊髄疾患や顔面けいれん顔面の電撃的な痛み(三叉神経痛)の手術も数多く手がけてきました。

近年脳卒中患者に対する緊急手術よりも未破裂脳動脈瘤や内頚動脈狭窄などに対する予防的手術の方が多くなっています。MRAという検査のおかげで、脳の血管の破れそうなところやつまりそうなところを簡単に早期発見することが可能になり、前もって手術をして脳卒中を予防することができるようになっています。

近頃では頭を開けなくてもカテーテルを用いて血管の中から手術をする(血管内手術)ことも可能になっています。日本では「脳外科」と略してしまうので、「脳外科医は頭の手術しかしない」と思われがちですが、正確には「神経外科」ですので神経があるところはどこでも「神経外科」の対象で、脊椎・脊髄(頚椎や腰椎の椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、脊椎・脊髄腫瘍)の手術も行っています。顕微鏡を使って手術をするので、小さな傷でより安全な手術ができるようになっています。

当院の外来では頭痛やめまい外来だけではなく、しびれ外来や血管外来(糖尿病や脂質異常症で全身の動脈硬化が疑われる患者に対して脳の血管だけではなく全身の血管の検査を行う)も行っており、脳卒中予防のための栄養指導や運動指導にも積極的に取り組んでいく予定です。脳卒中が心配だと思っている方、手足がしびれる、力が入らない、肩や腕が痛い、坐骨神経痛がひどい、長く歩くことができないなどの症状がある方は気軽にご相談ください。

 

脳脊髄センターのご案内

 

学歴・職歴

昭和58年 宮崎医科大学医学部卒業、脳神経外科入局
平成 3年 潤和会記念病院脳神経外科部長
平成 9年 同病院長
平成11年 宮崎医科大学脳神経外科講師
平成12年 同助教授
平成15年9月
~平成16年6月
カナダ留学
平成19年 金丸脳神経外科病院病院長
平成22年 霧島市立医師会医療センター副院長、脳神経外科部長
平成25年 鹿児島大学臨床教授(兼務)
平成27年 野口脳神経外科
平成30年 メディカルシティ東部病院 脳脊髄センター長、脳神経外科部長
現在に至る

 

資格

平成 1年 日本脳神経外科学会専門医
平成 1年 医学博士
平成13年 日本脳神経血管内治療学会指導医
平成17年 日本脊髄外科学会認定医

 


このページの先頭に戻る



コンテンツはここまで

医療法人 宏仁会 メディカルシティ東部病院

〒885-0035 宮崎県都城市立野町3633-1 [地図]

TEL:0986-22-2240 FAX:0986-25-8646

COPYRIGHT (C)2010-2018 メディカルシティ東部病院 ALL RIGHTS RESERVED.