宮崎県都城市 メディカルシティ東部病院

メディカルシティ東部病院


メディカルシティ東部病院


TOP > 醫市報(いしほう)Medicalcity Report

醫市報(いしほう) Medicalcity Report

最近の記事

栄養夜話 第4話

 モツ鍋の季節です。鍋いっぱいに盛り上がったニラと、底に沈んだモツをほおばる場面を想像しながら、今回は腸の話。

 腸は十二指腸にはじまって、空腸回腸結腸、そして直腸からなりたっています。前3者は小腸、後2者は大腸に区分されます。同じ腸でも小腸と大腸ではずいぶん違いがあります。

 小腸は口から取り込んだ 食物を消化して栄養素に分解した後に吸収する場所ですから、栄養素を肝臓に送り出すために血管の分布が密になっています。それに対して大腸は水分の吸収が主な働きですから血管の分布が少ないのが特徴です。この血管分布の違いにはもうひとつの重要な理由があります。

 人間の体を作っている細胞のほとんどがブドウ糖をエネルギー源としていることはご存知ですね。細胞分裂(いいかえると、新しい細胞が作り出されるということですね)が盛んな細胞ではブドウ糖の消費も激しいですから、血管を介してブドウ糖をどんどん供給する必要があります。

 腸粘膜の細胞は、体の中でも細胞分裂が盛んな場所ですから、あたらしい細胞を作り出すための栄養素が大量に必要です。小腸の場合は、ブドウ糖の他に、グルタミンというアミノ酸やケトン体(すでにお話ししましたよね)が栄養素となります。これらはすべて、血液に溶け込んで小腸に運ばれます。小腸の血管が豊富な理由のもうひとつがこれです。

 大腸の場合は、実は事情が大きく異なります。大腸粘膜の細胞も小腸粘膜と同じように盛んに分裂しています。(ちなみに、古くなった粘膜細胞は粘膜から脱落して腸内細菌のえさになります)。ところが、消費される栄養素が小腸と大腸とでは全然ちがうのです。

 大腸粘膜はブドウ糖ではなく、酪酸酢酸、あるいはプロピオン酸を栄養源にしています。以前にお話したように、これらの酸は食物線維を原料にして腸内細菌が作り出したものです。すなわち大腸の中の便のなかに存在しますから(血管を介するこ となく)直接大腸の粘膜から吸収することができます。大腸の血管密度が低い理由がここにあるわけです。

 小中学校の教科書を見ると、大腸は栄養素を吸収することはなく、もっぱら水分を吸収する場所だと書いてあります。医学部の教科書も同じです。けれども、大腸も小腸と同じように栄養素を盛んに吸収していることが分かっていただけましたよね?大腸は、吸収した酪酸などの栄養素を、まず自分のために利用して、残りを肝臓の栄養素として送り出しています。大腸は、肝臓の小作人みたいなところがあるのです。心臓や脳から見ると、自分たちにはまったく協力しないイマイマしい奴と移るのではないでしょうか。

固定リンク | 【5】

栄養夜話 第3話

 最近の若い(定義は知りません)女性は、必要以上に細くなることを好むようです。そのわりには食い気や飲み気?が旺盛すぎるようですが・・・。

 低インシュリンダイエットのブームが一時期あって、なんやかんやの議論の末にブームも色あせてしまいました。このダイエット法の背景にある理論は、栄養学では初歩的なものなのですが、若い美人たちには魅力的に思えたようです。

 インシュリンは、血糖値を下げるホルモンということで知られていますよね。食後に血糖値が上昇すると、すぐさまインシュリンが分泌されて血糖値を下げようとします。血糖値を上げやすい食品は、すなわちインシュリン分泌を促しやすい食品になるわけです。

 くだんのダイエットの本質は、インシュリンを分泌しやすい食品(ブドウ糖になりやすい食品のことになりますね)をできるだけ食べないことなのですが、なぜインシュリンを分泌しやすい食品を食べると太るということになるのでしょうか?

 インシュリンには血糖値を下げること以外に脂肪の分解をさまたげる働きがあります。インシュリンは、血糖値を下げるのに必要な濃度の10分の1の低い濃度で脂肪の分解を妨げますから、ある意味こちらのはたらきのほうが重要かもしれません。インシュリン分泌が多いと脂肪が減らないので太るということになるわけです。

 こんな簡単な理屈でいいのでしょうかね?実は、低インシュリンダイエットで忘れられているホルモンが他にあります。グルカゴンです。これは、インシュリンと逆の働き、つまり脂肪の分解を速めますから、グルカゴンが分泌されると痩せることになります。

 インシュリングルカゴンもすい臓が分泌するホルモンで、その分泌は微妙に調節されています。グルカゴンの分泌は、からだが緊張状態(喧嘩や、試験前などのアドレナリンが出ているような場合です)にあるときもっとも盛んになります。食べ過ぎて眠くなるような状態ではほとんど分泌されません。ですから、いくら低インシュリンダイエットでがんばっても、グルカゴンが分泌されない状態が続くようでは、絶対に痩せません。

 大食らいなのに痩せてる人って多いでしょう?痩せてる人ほど、食べるのが速いでしょう?高速でご飯を食べると血糖値も上がって、インシュリンもいっぱい出てくるはずなのに・・・。変でしょう?
 一方,神経質な人には痩せてる人が多いでしょう?いつも緊張してる人は太りにくいでしょう?グルカゴンの役割って大きいことがわかりますよね。だから、ゴルゴ13(さいとうたかをの描く国際的スナイパー)やシャーロックホームズはあんなにスマートなからだしてるわけですよ。
 ダイエットを栄養学の一面だけから考えることは危険です。グルカゴンが分泌されると太らないのは事実ですが、かわりに糖尿病状態に近づきます。バランスを考えて、極端なことをしないことが大事です!

固定リンク | 【4】

栄養夜話 第2話

 ウサギを飼ったことがあります。庭に放つと雑草を一生懸命食べてくれますから、雑草を抜く手間が省けるなあと思ってました。僕の先輩で、このアイデアを本格的に実行した人がいました。底のない網かごに閉じ込めたウサギを雑草が目立つ場所に放置して、一定時間ごとに移動させて省エネ除草に成功したらしいです。

 ウサギの主食は草(おもにセルロース)ですが、自分の糞も食べていることにお気付きですか。これを食糞行動コプロファギーといいます。何のために自分の排泄物を食べるのでしょうか。

 ウサギにかぎらず、動物の糞の大部分は腸内細菌です。糞を食べるということは、腸内細菌とともに、細菌が作り出したさまざまの化学物質を食べることに他なりません。ここで化学物質と書きましたけれど、それはどんなものなのでしょうか?

 腸内細菌は、ヒトの糞便1g中に数千億も存在しています。ですから、腸の中には目もくらむくらいの細菌がうようよしているわけです。ヒトの体を作っている細胞の数よりも腸内細菌の数の方が多いことがすでに証明されています。われわれは腸内細菌の集団に寄生している生命体に他ならないのです。

 腸内細菌は細胞分裂の速度が速いために、多種類の物質を生成します。その中には、体に害を及ぼすもの(発がん性のあるアミン類)も含まれていますが、大部分は動物にとって大事な栄養素になっています。

 例えば、腸内細菌は食物線維(繊維ではありません。セルロースなどのことです)を原料にして、いろいろな酢を作り出します。蟻酸、酪酸、酢酸、プロピオン酸などです。食品工学でも微生物をつかって、いろんな発酵食品を作りますがそれと同じです。腸内細菌が作り出したさまざまな酢は、動物の腸や肝臓の大事な栄養素として利用されます。

 糞の中には、利用されずに残った栄養素が十分に含まれていますから、これを食べることは体に害があるどころかきわめて有益なことなのです。ウサギの場合は、腸内細菌が作り出したビタミン類も糞からとっていることがわかっています。

 ヒトの場合、糞をたべるケースはきわめて稀ですね。僕の同僚にもいないみたいです。ヒトはウサギのように大量の食物線維を食べませんから、腸内細菌が作り出した栄養物をかなり効率的に吸収して利用しているみたいです。そのため、ウサギの糞ほどは栄養価が高くないため食欲?がわかないのでしょうか。

固定リンク | 【3】

栄養夜話 第1話

 焼肉ってうまいですね。都城は焼肉天国ですからほんまもんの肉が格安で食べられます。極上の霜降り肉をかるくあぶって、脂がしたたるのをガブってやるのもうまいですが、ホルモンの歯ごたえと旨みは絶品、負けてませんね。それと、好みの違いはあるかもしれませんが、レバ刺、これも独特の旨みというか、ほんのりとした甘みがいいですねえ。

 レバ刺の甘みは肝臓にたくわえられたグリコーゲンの甘さです。肝臓はブドウ糖をグリコーゲンの形でたくわえる一方、必要に応じてグリコーゲンをブドウ糖に分解して他の臓器(脳・心臓・腎臓など)に送ります。肝臓の働きが悪くな ると、脳や心臓の働きも悪くなるのはこのためです。
 脳や心臓などの臓器は、普通はブドウ糖を燃やしてエネルギーに換えています。酸素が不足したり(呼吸困難のとき、運動時)、ストレス状態になると、ブドウ糖ではなくケトン体を燃料にしてエネルギーを作ろうとします。

ケトン体って耳慣れない栄養素ですよね?実はケトン体が重要な栄養素であることは、あまり知られていません。それどころか、糖尿病の時に血液中に増えてくるものですから、体に悪影響を及ぼす物質というネガティブなイメージがあります。
 ケトン体は、アセチルCoAと いう一種の油が水に溶ける形に変化したものです。酸素不足のときなどには、細胞はブドウ糖を燃やしてエネルギーに換えることができにくくなります。でもアセチルCoAだったら、酸素不足のときでも十分にエネルギー源になりえます。
 酸素不足の時には、肝臓がアセチルCoAを臓器に送れば言い訳ですが、残念ながらアセチルCoAは水に溶けませんから(油ですから)、血液に溶かして各臓器に送ることができません。そのため、肝臓はアセチルCoAに水酸基(酸素と水素)をくっつけてケトン体を作り出します。ケトン体は水に溶けますから、血流に乗って臓器に到達し、そこでふたたびアセチルCoAに戻されてエネルギー源となるのです。インスタント麺をお湯で戻すようなものですね。

 肝臓は、グリコーゲンからブドウ糖を作り出すのが本職ですが、体の中の酸素が不足すると、ブドウ糖の代わりにケトン体を作って各臓器に送ります。健康な人でも、ブドウ糖を使ったりケトン体を使ったりという状態が刻々と変わるのが普通です。臓器が欲しがる栄養素の種類を分刻みでチェックして補給しているのが肝臓なのです。

 まるで優秀なコックさんが24時間体の中にいるのと同じことですね。

固定リンク | 【2】

「醫市報(いしほう)Medicalcity Report」とは?

「醫市報(いしほう)Medicalcity Report」は、健康についての知識、コラム、病院の情報などを不定期に掲載するコーナーです。

固定リンク | 【1】

1  

- 管理用 -


このページの先頭に戻る



コンテンツはここまで

医療法人 宏仁会 メディカルシティ東部病院

〒885-0035 宮崎県都城市立野町3633-1 [地図]

TEL:0986-22-2240 FAX:0986-25-8646

COPYRIGHT (C)2015 メディカルシティ 東部病院 ALL RIGHTS RESERVED.